金属加工に欠かせない表面処理作業「酢洗い」

酢洗いをする目的は?

「酢洗い」とは、金属製品を硫酸や塩酸などの酸性溶液に漬けて表面処理をする作業です。金属の表面には溶接ビードの変色部、もらいサビ、スケールや酸化皮膜などが付着しています。それらを洗浄・除去することで素材がきれいになり、その後の研磨作業の手間を省くことができます。またメッキ処理の前には酢洗いは必要な作業です。

密着を良くするために、メッキや塗装工程の前の下地処理として脱脂を兼ねて酢洗いで処理が施されます。酢洗いで処理した後の仕上がりはざらつきがあり脱脂されることで、表面にメッキや塗装が密着しやすくなります。また、酢洗いはショット加工や切削時の下地を処理するためにも有効です。

ステンレスは素材の状態では「不動態被膜」「酸化被膜」などの薄い膜が保護しているためサビにくいという特徴があります。しかし溶接などで加工されると被膜が壊れてしまいます。酢洗いは、その膜を表面に再形成する目的で行われます。

酢洗いのメリットは?

酢洗いは他の処理方法と比較してコストが安価であることがメリットです。仕上がりがざらつき曇った感じになるため光沢が求められる製品にはあまり向いていません。しかし、燃焼による黒皮等などの除去には非常に効果があり、大きな製品にも対応できます。ステンレスにも均一な状態で空気と反応させることができ、物理的な力が加わらないため歪みを起こすことがありません。

酢洗いで気をつけること

酢洗い後の金属の表面は腐食しやすくなっているため、サビを防ぐ処理を直ぐに行う必要があります。また、酢洗いは塩酸や硫酸などの危険性が高い薬剤を扱うため安全対策はしっかり行うことが重要です。

酸洗いは金属製の製品についたサビや塗料などを薬品で洗い流す作業を指します。綺麗に仕上げるためには事前に汚れの固まりを取り除き、薬品の濃度を調整することが重要な条件です。