リバブレーションチャンバーとは何だろう?

リバブレーションチャンバーとは?

リバブレーションチャンバーとは、MIMO技術のスマート・アンテナを評価するために必要な実反射環境を構築するマルチパスのシミュレータです。

MIMO技術とは何か?

MIMO技術とは「Multiple Input Multiple Output」の略称です。複数のアンテナを使用してデータの送受信帯域を拡大する無線の技術ことをいいます。

マルチパスとは何か?

マルチパスとは多重波伝播とも呼ばれます。無線信号が複数の経路を伝わって伝播する際に生じる反射や屈折などの現象のことです。テレビやラジオなどで映像や音声がずれてしまう現象をゴーストといいますが、マルチパスが原因です。無線機器を安定して使用できるようにするためには、開発段階でマルチパスを考慮する必要があります。

OTAパフォーマンス測定に使用される!

OTAとは「Over The Air」を略したものです。実際に電波を飛ばして実験することをいいます。電波の発信元から基地局までをアップリンク、基地局から受信先までをダウンリンクといいます。OTAパフォーマンス測定ではTRP (Total Radiated Power)とTIS (Total Isotropic Sensitivity)の測定が行われます。TRPはアップリンクを測定し、TISはダウンリンクを測定するものです。

スマートフォンなどの無線機器の開発に必須

スマートフォンなど無線機器の開発には、実際に電波がどのように伝わるのかを測定する必要があります。そのための開発環境を構築する上でリバブレーションチャンバーは必須のものとなっています。

リバブレーションチャンバーとは反射反響を調べるためのものです。スマートフォンや携帯電話の無線アンテナをチェックすることが出来ます。