年々重要性が高まっているのはどうして!?EMC試験の基礎を知ろう

EMCってどういう意味なの?

現在の私たちは、かつてないほど多くの電子機器に囲まれていますが、その数は今後ますます増えていくことが予測されています。そんな私たちにとって無視出来ないのがEMCなんですよ。EMCは、電磁的に中立であるという意味を持ちます。つまりEMCが成立していない電子機器は、他の製品にノイズなどの悪影響を与えやすく、また受けやすいというわけです。電子機器の誤動作は、場合によっては私たちの命をも脅かしかねません。ですから、電磁的に中立であるかを調べるEMC試験の重要性が高まっています。

大きく2種類に分かれているEMC試験

妨害電波を一切出さず、どれだけ強力な電波を浴びても誤動作をしない電子機器こそが理想ですが、そのような製品を作ることは現実的に不可能です。ですから、ある程度の線引きラインを決め、その範囲内に収まっていれば合格にしようという目的で作られたのがEMC試験なんですよ。EMC試験は、発生する妨害電波の強さを調べるEMIテストと、妨害電波耐性を調べるEMSテストの2つに大別できます。EMIテストは、放射性電波測定や、電動妨害測定などがあります。EMSテストは前者のテストに比べて非常に数多いことが特徴です。たとえば静電気耐性測定やサージ耐性測定、放射電磁波耐性などがあります。

EMC試験はどこで行われているの?

EMC試験は、どこでも実施可能なわけではありません。なぜなら、電波が飛び交う場所で測定を行っても正確なデータを得られないからです。一般的に、EMC試験は電磁的に安定している特別な施設で行われます。たとえば市街地から遠く離れた場所に設置されたOATS、金属板を張り巡らせることで電磁波の影響を完全に遮断したシールドルーム、電磁波を吸収出来る仕組みを持つ電波暗室などがあります。施設によって実施出来るテスト内容は異なるんですよ。たとえば、シールドルームで実施されるテストは伝導EMCテストがメインとなります。

EMC試験試験は、外部のノイズに対する耐性を調べるテストと、その製品がどれだけのノイズを発するかを調べるテストの二通りあります。いずれのテストも規格が存在し、合否を分けるラインも異なります。