従来照明を駆逐するのは時間の問題!?LED照明の基本と魅力をご紹介

LED照明の基本を知ろう

LED照明とは、発光ダイオードを光源とした次世代照明のことです。ダイオードは、ごく最近まで赤色と緑色しかありませんでしたが、青色ダイオードが発明されたことで三原色が揃い白を発色することに成功。それ以来、ダイオードを用いた照明が盛んに開発されるようになり現在に至っています。LED照明の特徴は、スイッチを入れた瞬間に100%の明るさで発色できることなんですよ。また、従来照明のようにオンオフのたびに寿命が縮んでしまうことがありません。

極めて長い寿命が魅力です

LED照明の魅力は、なんといっても寿命の長さ。メーカーなどによりますが、その寿命は6万時間以上に及ぶんですよ。従来の白熱電球などに比べて何十倍もの寿命を誇ります。寿命とされる時間が来たとしても、突然使えなくなるわけではありません。たとえば6万時間が経過しても、70%の明るさになるだけですから余裕を持って交換できます。ですが、LED照明は熱に弱い側面を持っていますから、設置場所によっては寿命が大きく縮んでしまう場合があるので要注意です。

ほとんど紫外線を出しません

LED照明のもうひとつの魅力は、ほとんど紫外線を発しないことです。紫外線は肌の天敵ですから女性に優しい照明と言えるでしょう。紫外線を出さない特徴は、たとえば美術館などで生かされています。絵画にとって紫外線は劣化の原因となりますから、現在の美術館のほとんどはLED照明を採用しているんですよ。紫外線を出さないということは、害虫も寄ってこないということ。つまり、看板のパネルにレッド照明を採用することで、虫害を予防できます。

LEDライトパネルは光が明るくて宣伝効果が高い上に、経費を節約することができます。そのために、利益率アップに好影響をもたらします。